[情報更新] 演劇の街 下北沢「桃太郎」プロジェクト

■このプロジェクトを応援してくださった皆さまへ■

3月29日(日)に本多劇場で上演し、生配信する予定でした「桃太郎」は延期することにいたしました。

新型コロナウィルスが蔓延して演劇やイベントが中止になる中でも、なんとか演劇でできることを模索してまいりましたが、状況は刻々と変化し、自宅から出ることが蔓延を防ぐ一番の方法となっています。そんな中、役者やスタッフが劇場に集って上演することは、本来のメッセージをお伝えできないのではないかと考えました。

苦渋の決断ではありますが、できるだけ近い将来、必ず上演します。
世の中が平穏になった時に、安全な劇場にたくさんの子供たちに集まってもらって、
もちろん大人たちにも集まってもらって、みんな一緒に「桃太郎」を観ていただきます。
私たちがこの状況だからと我慢したことも全部やります。
さらにおもしろい「桃太郎」にすることをお約束します。

クラウドファンディングにご支援いただいた皆さま。本当にありがとうございます。
そして、お約束を果たせず申し訳ありません。
今後の対応については皆さまにメールでご連絡いたしますが、ご支援いただいたお金は次回の「桃太郎」で使わせていただければと思っております。またその際は配信も行います。
返礼品は予定通りお送りします。
当初の計画と変わりましたので、ご返金希望の方にも対応いたします。

また3月29日(日)15時より、この企画の責任者である私一人で生配信を行います。
劇場からの「桃太郎」を楽しみにしていた皆さまには申し訳ありませんが、ご覧いただければ幸いです。

最後に、
この計画は延期になりましたが、皆さんを楽しませたい気持ちは消えてはいません。
演劇人としていつもその事だけを考えて、提供してまいります。
今後ともお付き合いいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

下北沢「桃太郎」プロジェクト実行委員会 佐藤正和

■『下北沢桃太郎プロジェクト』延期のお知らせ■

キャンセルが出た本多劇場で、普段お芝居を観せる事の出来ない
子供達を楽しませたいと純粋な思いからの、発案でした。この状況の中、演劇がやれる事を模索し、380人の劇場に50人のみを集め、台湾公演で経験させてもらった、換気、消毒、検温の徹底といった防疫対策も徹底し、安全で安心できる場所を自分たちで創るという発信をしたかった。

しかし、この2週間で状況は変わり、今は集まらないことが最優先だと判断しました。

無観客公演の告知をしてから4日、公演延期のお知らせをしなくてはならない事、無念でなりません。

クラウドファンディングへご賛同頂いた皆様

この度は沢山のご賛同を頂き、誠に有り難うございました。このような状況の中でのご支援、そしてコメントに大変な勇気を頂きました。今回は延期となりましたが、事態が終息した暁には、劇場で沢山の子供達にこの『桃太郎』を届けられるよう努めてまいります。

今後の対応については皆さまにメールでご連絡いたしますが、ご支援いただいたお金は次回の公演で使わせていただければと思っております。またその際は配信も行います。
返礼品は予定通りお送りします。
当初の計画と変わりましたので、ご返金希望の方にも対応いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

ゴツプロ!主宰 塚原大助

今だからこそ何かできないだろうか?
演劇の魅力を届けられないだろうか?

コロナウィルスの影響で劇場公演の中止や縮小が相次ぐ今、演劇ができることとは。
予定されていた公演が中止になってスケジュールが空いてしまった本多劇場から、
「子供たちに舞台の楽しさを伝えたい!」「演劇の世界を元気づけたい!」
という思いからプロジェクトを企画しました。

今だからこそ何かできないだろうか?
演劇の魅力を届けられないだろうか?

コロナウィルスの影響で劇場公演の中止や縮小が相次ぐ今、演劇ができることとは。
予定されていた公演が中止になってスケジュールが空いてしまった本多劇場から、
「子供たちに舞台の楽しさを伝えたい!」「演劇の世界を元気づけたい!」
という思いからプロジェクトを企画しました。

※今回は無観客で開催することになりました。

日程:2020年3月29日(日)15時開演
場所:本多劇場
料金:無料
来場者:出演者および関係者の健康な子供と親に限定
配信:YouTube LIVE配信&アーカイブ配信
想定人数:1回50名程度(客席は386席)
制作:ゴツプロ合同会社
主催:下北沢「桃太郎」プロジェクト実行委員会

※今回は無観客で開催することになりました。

日程:2020年3月29日(日)15時開演
場所:本多劇場
料金:無料
来場者:出演者および関係者の健康な子供と親に限定
配信:YouTube LIVE配信&アーカイブ配信
想定人数:1回50名程度(客席は386席)
制作:ゴツプロ合同会社
主催:下北沢「桃太郎」プロジェクト実行委員会

脚本:竹田 新 演出:山野 海
演奏:小山豊(津軽三味線 小山流三代目)・小山清雄(小山会青年部)

出演者:
青山 勝・大石みちる・太田恭輔・かなやす慶行・鎌倉太郎
小泉今日子・木幡 竜・関口アナン・中村まゆみ・福島マリコ
渡邊聡・渡辺超 他(50音順)

桃太郎アー写_A

スタッフ

舞台監督:野口研一郎
演出助手:山口直子
音楽:小山豊
音響:岡村崇史
ヘアメイク:西村一志(ネオリーブ)
衣装協力:神波憲人・東京衣裳
美術協力:ブラボーカンパニー
スチール撮影:MASA HAMANOI
WEB制作:山田大悟

制作:遠藤いづみ
制作補佐:竹井京子

撮影:株式会社KEYAKI WORKS
防疫対策アドバイザー:矢部亮(劇団BQMAP/Creative Company Colors)

協力:
株式会社明後日 Age Global Networks オフィスキール オフィスPSC 仕事 劇団道学先生 ふくふくや
株式会社ファントム・フィルム ブラボーカンパニー HEADROCK lnc. ボックスコーポレーション ホリプロ

企画:佐藤正和
プロデューサー:塚原大助

製作協力:本多劇場 株式会社イベント・レンジャーズ
製作:ゴツプロ合同会社
主催:下北沢「桃太郎」プロジェクト実行委員会

脚本:竹田 新 演出:山野 海
演奏:小山豊(津軽三味線 小山流三代目)・
小山清雄(小山会青年部)

出演者:
青山 勝・大石みちる・太田恭輔
かなやす慶行・鎌倉太郎
小泉今日子・木幡 竜・関口アナン
中村まゆみ・福島マリコ
渡邊聡・渡辺超 他(50音順)

桃太郎アー写_A

スタッフ

舞台監督:野口研一郎
演出助手:山口直子
音楽:小山豊
音響:岡村崇史
ヘアメイク:西村一志(ネオリーブ)
衣装協力:神波憲人・東京衣裳
美術協力:ブラボーカンパニー
スチール撮影:MASA HAMANOI
WEB制作:山田大悟

制作:遠藤いづみ
制作補佐:竹井京子

撮影:株式会社KEYAKI WORKS
防疫対策アドバイザー:矢部亮
(劇団BQMAP/Creative Company Colors)

協力:
株式会社明後日 Age Global Networks
オフィスキール オフィスPSC 仕事
劇団道学先生 ふくふくや
株式会社ファントム・フィルム
ブラボーカンパニー HEADROCK lnc.
ボックスコーポレーション ホリプロ

企画:佐藤正和
プロデューサー:塚原大助

製作協力:本多劇場
株式会社イベント・レンジャーズ
製作:ゴツプロ合同会社
主催:下北沢「桃太郎」プロジェクト実行委員会

昔話の「桃太郎」をベースに人情喜劇を得意とする竹田新が当プロジェクトのために書き下ろし。
音楽は津軽三味線小山流三代目・小山豊。舞台にて生演奏を行います。
出演者は今回の趣旨に賛同してくれた、「舞台」で活躍している俳優です。
児童劇とは違った新しい「桃太郎」の世界をつくりあげます。

お客様は、「世界の子供たち。」
世界が断絶するいま、家でじっとしていなくちゃならない子供たちへ。

普段、私たちが行なっている公演の多くは、未就学児は観ることができません。
この機会に多くの子供たちに演劇人が全力で作り上げる「桃太郎」をお届けします。

劇場の安全対策を徹底いたします。

①来場者(スタッフ含む)には、検温、消毒、マスクの着用を実施します。
②手作りで消毒液(次亜塩素酸水)を作り、手すりなどを消毒して拭き上げします。
③客席の換気を実施します。
④手作りマスクをつくり、防疫意識を向上させます!
⑤舞台と客席、客席間の距離をできるだけ確保します。(※指標は1500㎜~2000㎜。)
定員386名の客席に50名程度の来場者を想定。

本プロジェクトはこれから先の安全な劇場作りのモデルケースになることを目指しております。

休校対応などで、家にいることを余儀なくされている多くの子供たちに!
遠隔地を含めた多くの子供たちに「演劇の魅力」を知って欲しいという思いから、
公演はインターネットで生配信(YouTube LIVE)いたします。
また、アーカイブでの視聴も想定しています。
このプロジェクトによって、少しでも多くの方に、
近い未来、実際に劇場に行きたい、そう思っていただける契機になればと願っています。

本来であれば多くの子供たちに劇場で「生」で観ていただきたいプロジェクトです。
しかしながら、感染リスクを回避するため、安全面を配慮し、
劇場での観覧は出演者および関係者の健康な子供と親に限定します。

安全な場所を、安心出来る生活を自分たちで創る。
コロナウイルスの感染が世界中に広がり、
目に見えない細菌の恐怖に我々の日常は大きなダメージを受けています。
この先どうなってしまうのか、収束していくのか?
仕事は?生活は?子供たちは?悶々とした日々が続いてます。
これは今や日本に限らず、多くの世界の人間たちの未来の問題です。

そんな中、我々ゴツプロ!は2月18日から3月2日まで台湾(台北)で舞台を上演して参りました。
はたして入国できるのか、上演できるか、お客様は来てくれるのか?様々な不安を抱えての台北公演でしたが、
結果多くのお客様にお越し頂き無事に千秋楽を迎える事が出来ました。
これも一重に台湾政府のコロナウイルスへの徹底した対応と対策、そしてそれに対する国民一人ひとりの、
安全で安心できる国を自分たちが創るのだと言う意識の高さのお陰だと感じました。

日本も、我々もそうありたい。いつ収束するかわからないこの状況を、
このまま不安の中で生きるわけにはいかない。自分たちで安全で安心できる国を創る。
この『桃太郎プロジェクト』が今までの生活を取り戻す第一歩となる事を願っています。

ゴツプロ!主宰 塚原大助

安全な場所を、安心出来る生活を自分たちで創る。
コロナウイルスの感染が世界中に広がり、
目に見えない細菌の恐怖に我々の日常は大きなダメージを受けています。
この先どうなってしまうのか、収束していくのか?
仕事は?生活は?子供たちは?悶々とした日々が続いてます。
これは今や日本に限らず、多くの世界の人間たちの未来の問題です。

そんな中、我々ゴツプロ!は2月18日から3月2日まで台湾(台北)で舞台を上演して参りました。
はたして入国できるのか、上演できるか、お客様は来てくれるのか?様々な不安を抱えての台北公演でしたが、結果多くのお客様にお越し頂き無事に千秋楽を迎える事が出来ました。
これも一重に台湾政府のコロナウイルスへの徹底した対応と対策、そしてそれに対する国民一人ひとりの、安全で安心できる国を自分たちが創るのだと言う意識の高さのお陰だと感じました。

日本も、我々もそうありたい。いつ収束するかわからないこの状況を、このまま不安の中で生きるわけにはいかない。自分たちで安全で安心できる国を創る。
この『桃太郎プロジェクト』が今までの生活を取り戻す第一歩となる事を願っています。

ゴツプロ!主宰 塚原大助

今回の会場を提供してくださる本多劇場はじめ、すべての役者、スタッフは無償です。
部材費、運搬費、電気代などの必要経費は、クラウドファンディングで調達します。
※なお、本公演の上演台本は無償で公開します。今後どなたが上演していただいても大丈夫です。