月刊ゴツプロ!8月号

【第二の青春満喫中!】

みなさんこんにちは。
夏休み、素敵な想い出!作ってますか?
そして、観劇!してますか?
今月は浜谷康幸出演のNana Produce Vol.9『真空家族』がありました。
御観劇頂きました皆様、本当にありがとうございました。
そして来月は、私 泉知束が出演します!東京マハロ公演『たぶん世界は8年目』。
その後は山野海主宰!劇団ふくふくや 第19回公演『ウソのホント』に山野海はじめ、ゴツプロ!主宰の塚原大助、浜谷康幸、かなやす慶行が出演します。
どうぞ、来月もこの2本をお見逃しなく!!
劇場でお会い出来ますことを楽しみにしております。

そしてそして、ゴツプロ!としましては、なんといっても次回公演『阿波の音』に向け、ひたすら突き進んでおります。
水面下での動きも色々とあって、その辺りは決まり次第報告させてもらいますので、期待して待っててくださいね。

そんなこんなで、夏ももうすぐ終わり。
暑すぎた夏。
夕方になると一時期の暑さはなく、秋の訪れをちょっとだけ感じたりして、人間は欲張りな生き物ですからね、「あー早く涼しくならないかな!」って口癖のように言っておりましたが、その涼しさがきたらきたで、ちょっぴり寂しかったり。
季節の移ろいゆく早さに置いていかれないようにしっかりと日々を感じて生きたい今日この頃です。

そこでタイトル『第二の青春満喫中!』
以前にも書いたと思うんですが、僕らゴツプロ!まさに『今』青春を謳歌しております(笑)
まさか40歳過ぎて青春するとはね。
まさかまさかのそのまさか。
一生懸命打ち込むこと。
初めてのことを経験すること。
感動すること。
バカやること。
思いっきり意見を言い合うこと。
淡い想いを抱くこと。
あげるとキリがないけど、そんなことのひとつひとつが今はキラキラしてて。
毎日やり甲斐があって、生きてるなって実感することが、ちょっと前より確実に多くなってます。
ですからね、そこは敢えて『青春』って表現したいなって。

今回の「月刊ゴツプロ!」もそんなお話。

8月吉日。
次回公演「阿波の音」に向けての第一弾!本場徳島の阿波おどりに行ってきました。
これは前々からどうにか行きたいと、色々と予定を組んでいたところ、なんと大阪の「ゴツプロ!後援会」の皆様から、「だったらツアーを組んでみんなんで行きましょう!」と、お話を頂きました。
こんなに嬉しい話はありません。
いかんせんお盆時期、飛行機&新幹線は取りにくい&高い。
宿はどうする?阿波おどりって桟敷席取った方が良いの?などなど素人集団の我々ですから、これは願ったり叶ったりだったのです。

そして出発の日。
『青春の旅』一発目は…

【第二の青春満喫中!】

みなさんこんにちは。
夏休み、素敵な想い出!作ってますか?
そして、観劇!してますか?
今月は浜谷康幸出演のNana Produce Vol.9『真空家族』がありました。御観劇頂きました皆様、本当にありがとうございました。
そして来月は、私 泉知束が出演します!東京マハロ公演『たぶん世界は8年目』。
その後は山野海主宰!劇団ふくふくや 第19回公演『ウソのホント』に山野海はじめ、ゴツプロ!主宰の塚原大助、浜谷康幸、かなやす慶行が出演します。どうぞ、来月もこの2本をお見逃しなく!!劇場でお会い出来ますことを楽しみにしております。

そしてそして、ゴツプロ!としましては、なんといっても次回公演『阿波の音』に向け、ひたすら突き進んでおります。
水面下での動きも色々とあって、その辺りは決まり次第報告させてもらいますので、期待して待っててくださいね。

そんなこんなで、夏ももうすぐ終わり。
暑すぎた夏。
夕方になると一時期の暑さはなく、秋の訪れをちょっとだけ感じたりして、人間は欲張りな生き物ですからね、「あー早く涼しくならないかな!」って口癖のように言っておりましたが、その涼しさがきたらきたで、ちょっぴり寂しかったり。
季節の移ろいゆく早さに置いていかれないようにしっかりと日々を感じて生きたい今日この頃です。

そこでタイトル『第二の青春満喫中!』
以前にも書いたと思うんですが、僕らゴツプロ!まさに『今』青春を謳歌しております(笑)
まさか40歳過ぎて青春するとはね。
まさかまさかのそのまさか。
一生懸命打ち込むこと。
初めてのことを経験すること。
感動すること。
バカやること。
思いっきり意見を言い合うこと。
淡い想いを抱くこと。
あげるとキリがないけど、そんなことのひとつひとつが今はキラキラしてて。
毎日やり甲斐があって、生きてるなって実感することが、ちょっと前より確実に多くなってます。
ですからね、そこは敢えて『青春』って表現したいなって。

今回の「月刊ゴツプロ!」もそんなお話。

8月吉日。
次回公演「阿波の音」に向けての第一弾!本場徳島の阿波おどりに行ってきました。
これは前々からどうにか行きたいと、色々と予定を組んでいたところ、なんと大阪の「ゴツプロ!後援会」の皆様から、「だったらツアーを組んでみんなんで行きましょう!」と、お話を頂きました。
こんなに嬉しい話はありません。
いかんせんお盆時期、飛行機&新幹線は取りにくい&高い。
宿はどうする?阿波おどりって桟敷席取った方が良いの?などなど素人集団の我々ですから、これは願ったり叶ったりだったのです。

そして出発の日。
『青春の旅』一発目は…

新宿のバスタからスタート。
40過ぎても深夜バス(笑)
青春ですね。
因みに浜谷さんは舞台本番中につきお見送りだけとなりました。(残念 泣泣)

日が変わる0時過ぎに出発。

※クリックすると拡大写真を表示します。

※スワイプでアルバム内を移動できます。

はじめは意気揚々としていた我々でしたが、そこはおっさん!時間と共に疲れが…
大阪到着の9時前にはみんなげっそげそでした(汗)
青春ですね!!

で、やっとの思いで「ゴツプロ!後援会」の皆様と合流。
ここからまた、テンションマックスです。

はじめは意気揚々としていた我々でしたが、そこはおっさん!時間と共に疲れが…
大阪到着の9時前にはみんなげっそげそでした(汗)
青春ですね!!

で、やっとの思いで「ゴツプロ!後援会」の皆様と合流。ここからまた、テンションマックスです。

だってこれ見てください。
「ゴツプロと行く阿波おどりツアー」ですよ。
ゴツプロと行く!あーいい響きです(笑)
バスの中でも大はしゃぎ。盛り上げますよー!

※クリックすると拡大写真を表示します。

※スワイプでアルバム内を移動できます。

「ゴツプロ!クイズ大会!!」なんてやったりして、まさにノリは修学旅行。
誰が言ったか?!『大人の遠足』がぴったりのバス旅。
青春ですね。

そうこうしてるうちに一行は…

※クリックすると拡大写真を表示します。

※スワイプでアルバム内を移動できます。

『淡路島』へ、到着。
初めて行きましたが、綺麗なところでした。
ここで腹ごしらえをして、さあ、目指すは徳島です。

すでに我々、バスに12時間ほど乗っております(汗)
否応無しに高鳴る鼓動。興奮。ワクワク感。そして、若干の眠気(笑)
全部抱えて、バスは徳島市内へと入って行きました。
街中は祭り独特の空気感。たくさんの観光バス。その群れからようやく放たれる僕たち。
第一声「あっち〜。」
徳島、めちゃくちゃ暑いっす。
数秒で汗だくの僕たちを迎えてくれたのは…

映画でも有名になった「眉山」。

そして、街は阿波おどり一色。

※クリックすると拡大写真を表示します。

※スワイプでアルバム内を移動できます。

今年は「阿波おどり」問題が色々とありましたが、上の方の話はどこまでが真実なのかはわかりませんが、祭りやってる人には関係ないからね。
僕らも稽古に参加させてもらってますけど、やってる方々は一年間本気で取り組んでます。
ベテランの方も、僕たちと同じように基本の動きを何度も何度も反復練習するんです。
さらなる高みの踊りを目指して。
だから、なんとかね。その想いだけは組んでほしいなって思います。

みんなの想いが募る徳島の街は…

なんせ自販までが阿波おどりなんですから(笑)
たまらんでしょ!
ええよね、ええよね、祭りはええよね!
青春ですよ!!
だんだんとテンションもマックスを振り切って行きます。
待つこと1時間。
いよいよです!!

はじまったーー!!!

笛、三味線、締太鼓、大太鼓、鉦の祭囃子と共に、踊り子が流れ込んできます!

※クリックすると拡大写真を表示します。

※スワイプでアルバム内を移動できます。

まさに圧巻の一言。
これは本場じゃなきゃ味わえない。
だんだんと陽も落ちてきて、さらに雰囲気が良くなります。
ただ、僕たちはこの後また大阪戻りでしたので、限られた時間での観覧。
お目当てだった連は見れず、席を立とうとした瞬間でした!

※クリックすると拡大写真を表示します。

※スワイプでアルバム内を移動できます。

きたーーー!!
『阿呆連』何回もYouTubeで見た!ホンモノです。(映画「眉山」にも登場する有名連)
感動した。
そして、素晴らしかった。
短い時間でしたけど、この空気感をみんなで味わえたのはほんとに良かった。
最高の時間でした!

※クリックすると拡大写真を表示します。

※スワイプでアルバム内を移動できます。

バスまでの帰りの道中も余韻を噛み締めながら、胸に深く刻み込みました。
それにしてもなんと楽しい時間だったことか。
大阪までのバス車中もみんなで阿波おどりの話で盛り上がり、あっという間の到着でした。
なんなら、このまま東京まで話して帰りたかったくらいです!!
あ、すいません。嘘です。それは言い過ぎました(汗)

でも、本当の本当に最高の『大人の遠足!』を…
企画、運営してくださった後援会の皆様に心から御礼申し上げます。
またお暑い中、そしてお盆の中、このツアーに参加してくださった皆々様…心からありがとうございました。
この感謝を胸に次回公演、誠心誠意励みたいと思います。

また会う日まで…
大阪に行きたくなる理由がまた一つ増えました。

あ、また忘れそうだった(汗)
恒例のやつね!!
そう、グルメーーーー(笑)
まずはこれ。

徳島名物「阿波尾鶏」ね。ビールのお供に最高!!

で、大阪帰ってからは…

※クリックすると拡大写真を表示します。

※スワイプでアルバム内を移動できます。

知る人ぞ知る!めちゃうまイタリアン。

定番の串カツ!に…

大阪なのに、なぜかもんじゃ焼き(笑)
そして…シメは!!

※クリックすると拡大写真を表示します。

※スワイプでアルバム内を移動できます。

これまたなぜか『アワビ』(笑)
なんかえらいことになってますね。
とにかく、とにかく…青春なんですよ!!!

一度本気で青春を味わっていなかったら…
はじめの一歩に勇気を出せなかったら…
僕たちを応援してくださる奇特な方々がいなかったら…
食べること好きが集まっていなかったら…

こんな素敵な第二の青春を過ごすことができなかったかもしれない?!

まだまだ青春ど真ん中!!
やったんぞー。
いったんぞー。

つづく…

泉 知束Tomochica Izumi

1994年より、日活芸術学院俳優科で演技を学ぶ。
1996年、劇団「麦」公演で役者デビュー。
2000年、演劇ユニット「Team Chica」を旗揚げし、主宰・作・演出・主演を務めている。
また、2005年樽沢監督作品「月桂哀歌」で映画脚本を手掛け、俳優業だけに留まらず、
マルチな才能を発揮している。
月刊ゴツプロ!の執筆を行なっている。

泉 知束Tomochica Izumi

1994年より、日活芸術学院俳優科で演技を学ぶ。
1996年、劇団「麦」公演で役者デビュー。
2000年、演劇ユニット「Team Chica」を旗揚げし、主宰・作・演出・主演を務めている。
また、2005年樽沢監督作品「月桂哀歌」で映画脚本を手掛け、俳優業だけに留まらず、マルチな才能を発揮している。
月刊ゴツプロ!の執筆を行なっている。